服部天神宮で「茅の輪くぐり」

本社の隣はありがたくも服部天神宮。
半年に一度の「茅の輪くぐり」が昨日6月30日におこなわれました。
鳥居などの結界内に茅(ちがや)という草で編んだ大きな輪を作り、これをくぐることで心身を清めて災厄を祓い無病息災を祈願する、という神事です。

猛暑になりそうな今年の夏をご入居の皆さまが何事もなくお過ごしいただけますよう、また感染症の収束を願い、代表取締役含め幹部・各施設の管理者たちでお参りをしてきました。

結界内を大きく八の字に先頭の宮司さんについて練り歩くのですが、ご神木が作る日陰と神社の”気”もあるのでしょうか…。
不思議と暑い日にもかかわらず過ごしやく感じました。

Follow me!